会員の紹介|松筑木協「森と木と住まい」長野県産材利用を促進する松筑木材協同組合

桑原林業

木を切る人間はみんな木を大切に思っている…。地域の木や林を、たくさんの人に大切にしてほしい。

どんな木でも用途があり、適材適所がある、地元の木を知ってもらいもっと値段が付けば、地域も育ちます。

木を倒して適材適所を見極め(ケタ・梁・柱など)、用途に応じて切断し、丸太にして出荷するのが主な仕事です。庭木の伐採や土木工事の際の障害木伐採もしています。

うちが扱う木はすべて地元の木、山が手入れされない時代になって久しいですが、この辺りは私有林、共有林、区有林などが昔のようにまだまだ管理がされています。

桑原林業の始まりは製材業でした。注文がくると買った山から木を切り出し、製品にして出荷しました。昔の運搬はすべて馬、馬喰が商売になったものです。

今は手がかかって採算がなかなかとれないといわれるカラマツも、昔はその特長が生かされ、大事にされました。カラマツは成長が早く、強くてまっすぐのびるいい木ですが、ヤニや曲がりの処理に手間がかかり、今は採算に合わないのが残念です。

40年~50年前は木を切ると一切ムダがなかった。小さい木もカラマツも、いくらでも用途がありました。でも今は大きなものやクセのないものしか値段がつかない。いい木にお金を払うことは森を育て、結果的に地域を育てることになります。それにはやはり行政の力も必要です。地に着いた、継続的な活動をしていかないと山がだめになってしまいます。

いい木といっても様々な「いい木」があります。この辺は木曽に近く桧がもっとも珍重されますが、関西では杉が選ばれる。様々な木の特性や魅力をもっと知ってもらい、地元の木にもっと値段がつき、山が守られて行くことを望んでいます。

会社基本情報

社名 桑原林業
住所 〒399-0724
長野県塩尻市上西条821
TEL 0263-52-4596
FAX 0263-53-4821
e-mail
URL
代表 桑原行雄
創業 昭和15年
資本金
業務内容 立木の買入
庭木の伐採
道路障害木の伐採

地図