会員の紹介|松筑木協「森と木と住まい」長野県産材利用を促進する松筑木材協同組合

横山木材有限会社

信州の山を生かすためにかかせない間伐作業は私たちの使命、常に集中し、真剣でまじめな取組みが、信頼されてきた理由。/></p>
      
  
  
  </div>

  

  <div class=

マジメにやってきたからこその信頼と、森を守っていく使命。

創業は昭和42年、山から木を切り市場へ運ぶ仕事にはじまり、現在は中信森林管理署管内の間伐、搬出業務6割、県の森林整備事業3割、その他松本市の林業関係事業などを中心に事業展開し、会社規模は従業員(作業員)15名、素材生産量4,100㎥~4,500㎥に達しています。県内でも代表的な働きを続けてこれたのは、実績と信頼あってのことと自負しています。個人の山の間伐などは採算にあわないこともありますが、それでも山を整備することは緑と地域をまもり、公の利益につながること。経営とともに山を守ることもまた使命と考え、森の仕事に真剣に取組んで参ります。

現在の森林整備に投資はかかせない、県産材の需要がのび、一本の木にかかる経費に見合った値がつくような時代になってほしい。

現代の森林整備では、プロセッサ、スウィングヤーダ、バッグホウなど、伐採はもちろん索道や集材にもたくさんの機器を導入することが不可欠です。 横山木材(有)も数々の高性能林業機械に毎年設備投資をし、時代にみあった林業を常におこなってきました。機械化が進んできておりますが、間伐材などは一本にかかる経費が売値を下まわることもあるのが現状。県産材をはじめ内地材の魅力が見直され、需要が拡大することが待たれるところであります。

危険ととなり合わせの山の仕事は厳しい世界、本気な人間が、まじめに地道に取組むだけ。

機械化が進んだ今も山は決して甘くなく、力や集中力がない者には危険が伴います。面接では山道を1時間チェーンソーをかついで歩き、それができなければ採用はナシ。あこがれだけでは勤まらないからです。でもこんな時代ですから苦労を重ねた末、山の仕事に行き着き、さらに苦労をしてもいいという人は残ります。うちでは根性ある女性社員も活躍し、定着率もいい。緑の雇用制度もありますし本気の覚悟があれば、山には魅力ある仕事があります。
「林業の道に入ったら、他に道はないと思え。一生の仕事と決めて取り組む先に道は開ける」という、社長の信念の基、若手からベテランまで社員一丸となって、将来の林業の発展を目標に
作業に従事しています。

製品・サービス

画像をクリックすると拡大します。

所有重機

会社基本情報

社名 横山木材 有限会社
住所 〒390-0314
長野県松本市岡田伊深243-1
TEL 0263-46-2136
FAX 0263-46-0192
e-mail
URL
代表 横山 登土
創業 昭和42年
資本金 600万円
業務内容 林業、土木、造園、管工事

地図