会員の紹介|松筑木協「森と木と住まい」長野県産材利用を促進する松筑木材協同組合

オガサワラ林業有限会社

小笠原家は古くから山に携わり私で4代目、現在は索道を使って運び出しまで行う「搬出間伐」を主に取組んでいます。現場は常に「安全第一」、高性能林業機械は「プロセッサー」や「タワーヤーダ」などの特殊機械の他6台を会社で保有、オペレータも機械に使われるのではなく、高度な働きができるよう日々努力しています。こうして機械化をいち早くすすめたことが間伐の省力化につながったとして、NHKでも取り上げられました。

庭木の整備から工場予定地の支障木伐採、片付け清掃など…木に関することならなんでもおまかせあれ。間伐材はその多くが捨てられた時代もありましたが、私たちは早くから間伐材を資源ととらえ、幹は建築材や紙パルプ・薪材とし、枝葉伐根(枝・根・葉)は破砕処理(チップ)してバーク堆肥にした後土にもどしたり熱エネルギーとして活用、葉先から根元まで木をまるごとムダにしないリサイクルに、早くから力を入れています。


イメージキャラクター「オガリン」
30代を中心とする若い職人が地球規模の仕事として「森林再生」に取組み、日々活動しています。かつての山作業のイメージとは異なり、機械化が進んだ弊社では汚れも少なく、夏のキャビンはエアコンが効き、以前とは比べものにならない環境。しかし技術を身につけながら山を育てることはやはり並大抵のことではありません。10年、20年たたないと結果がでない地味な仕事でありますが、先を見据え一人ひとりが信念を持ってがんばっています。

製品・サービス

自社単独で行う、一環した作業システム


  • 間伐された山

  • 宅地の支障木伐採風景

  • プロロッサー造作風景

  • 間伐材造作、搬出の様子

  • 間伐、搬出状況

  • 造作地の片づけ

  • 民家、宅内の片づけ

  • 間伐材市場

会社基本情報

社名 オガサワラ林業有限会社
住所 〒390-0823
長野県松本市大字中山4135-4
TEL 0263-85-7399
FAX 0263-87-5235
e-mail ogarin@ac.auone-net.jp
URL -
代表 小笠原良一
創業 -
資本金 300万円
業務内容 森林整備
素材生産
支障木伐採
薪販売
産業廃棄物収集運搬業

地図